FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Mary Onettesの『Islands』でうっとり

2009年10月29日 13:05

The Mary Onettesはファーストアルバムから聴いている。

最初、このバンド名を見たときは、一体なんて読むのかわからなかった。
「えっと、マリーワンッティ、ん? ワネッティ、オネッティ??
 ええい、もういいや、なんでも!!」

ネットで検索してみると全く同じようなことを考えている人がいたりして。

「Mary Onettes」というバンドがいるのですが、なんて... - Yahoo!知恵袋

そんなザ・マリー・オネッツ。
読み方を知れば、もうそれ以外読めないだろ、って思うんだけどね。
海外のバンドってときどきよくわからない名前のがあるから困る。


で、そのニューアルバム『Islands』を買ってきました。

The Mary Onettes『Islands』

あー、買ってきたというよりもアマゾンなので、
昨日家にいたら、昼過ぎぐらいに佐川が持ってきてくれたんだけどね。
だって、CDの予約とか店頭でやったことないんだもん。
この前タワレコ行ったときは「予約受付中!」みたいな張り紙なかったしさー。

まぁ、いいや。
で、この新しいアルバム。国内盤を買いました。
「『グレイズ・アナトミー』の挿入歌にもなった」ってシールが貼ってあるけど、
そんなこといわれても、海外ドラマをほっとんど見ないので知らないや。

国内盤なら、4曲もボーナストラックがついてきます!、なわけだけど、
内2曲がファーストアルバムからとってきただけだし、
"Kicks"に関しては『Dare』というEPからとってきて、
実質ボーナストラックなんて1曲なんだよね! 詐欺じゃん!?

いや、まあそんなことは買う前からわかっていたことで、
なんでわざわざ値段の高い国内盤を買ってきたかというと、
単純に発売日が早かった、ってそんだけ。

MySpaceのところで発売がアナウンスされていて、
それを読むとなぜだか日本での発売がいちばん早い。

なかなか珍しいこともあるもんだなぁ、と思って国内盤買っちゃった!
いや、どうなんだろ? そうでもないのかな?
そもそも発売日に洋楽のCDを買ったのなんてこれが初めてのことかもしれないし。
まー、とにかく日本でもガシガシ売っていこうということでしょうな。

それにしたって、帯の宣伝文句にはおもわず笑ってしまった。

瑞々しい叙情性と力強い生命力が同居したサウンドに、
覚醒感をはらんだ幻想的なメロディ…
ネオサイケの枠を飛び越して普遍的かつ王道ロック・バンドへの飛躍を実感させる、
凍てつく大地だ生み出した歴史的名盤!


さらっと読むとなんのことかわからないし、
じっくり読んでみても一体どんな音なのか、さっぱりだよ。
「覚醒感をはらんだ幻想的な」ってどんな音だ!?

音楽を言葉で表現したものなんて大概よくわからないものだし、
そんなことよりも自分の耳で聴いた方が早いんだよね。
ほい、MySpace。
"Puzzles"という曲がアルバムの1曲目に入っております。

The Mary Onettes - MySpace

こういうのが「覚醒感をはらんだ幻想的なメロディ」なのか?

結構ロマンチックな感じのメロディなので聴いててうっとりできるのが、
お気に入りですね。
スウェーデン出身のバンドということで、北欧の尖った冷たさのようなものもあり、
しかしそれだけでない神秘的な空気感をしっかりと内包したサウンドが……、
あぁ、ごめん、オレもなんだかよくわからないことを言いそうになった。


ファーストアルバムのころはもっと80年代バリバリなサウンドだったりしたんだけどね。
このアルバムのボーナストラックにも収録されている名曲、"Lost"。



結局、この曲がいちばん好きだな。
このバンドを好きになるきっかけだもの。



コメント

  1. 鉄人 | URL | -

    Re: The Mary Onettesの『Islands』でうっとり

    >>覚醒感をはらんだ幻想的なメロディ
    少し笑ってしまいましたが、聞いてみると…神秘的…うん、神秘的だ。神秘的をいまいち分からないけど、きっと神秘的

  2. だらんでろん | URL | -

    >>鉄人さん

    > 少し笑ってしまいましたが、聞いてみると…神秘的…うん、神秘的だ。神秘的をいまいち分からないけど、きっと神秘的

    そもそも「神秘的な」という表現もわかったようなわからないような。
    なんかすごそうなものに対してテキトーに……、うん、きっと神秘的。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daranderon.blog54.fc2.com/tb.php/287-42590558
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。